陰陽五行の思想は“陰”と“陽”の消滅・成長・変化、そして 陰陽から出た“五行”即ち、“水・火・木・金・土”の動きで宇宙と人間生活の あらゆる現状や生成消滅を解釈する思想である。 このような陰陽五行の思想は中国の全国時代にできたもので、 元々、お互いに独立していた陰陽説と五行説が一つの説として結合されたのも この時期と見なされる。

 


korea1.gif Materials

1.MOON
2.FIRE
3.WATER
4.WOOD
5.METAL

6.EARTH
7.SUN


陰陽五行説とは、天と土即ち、宇宙万物の生成・変化過程を解明した理論である。 その中、“五行”とは木・火・土・金・水の五つを意味し、 これらは土(地球)を構成する物質名である。 木・火・土・金・水の配列の意味は自然の循環現状をそのまま表したことである。 想性関係というのは純理を意味する。 例えば、木が成長するためには水が木の栄養供給源になって、 火が起こるためには木が火の財源になって、 木が燃えた後残った墨が固くなって土になりまた、金は土から出るという論理を 想性関係と規定する。